お客様の声

皆様の声-01

30歳代・女性 長期心霊サポート

全身倦怠不調で半年間、病気休職しましたが、鎌倉佐助に通うようになって今や早朝から深夜におよぶ激務な仕事を連日こなしています。今後もさらにお願いします。

30歳代・女性 ヒーリング通い

腰痛が・・・消えました。針、灸、マッサージ、整体、なにをしても良くならなかった腰痛が・・・!! 腰痛ベルト、コルセットが外せました。うれしくて、うれしくて。

50歳代・女性 身代わり浄化

永年におよぶ原因不明の頑固な肩こりが、胃腸の調子がずっと変だったのに、すっきり改善しました。不思議ですが、これが先生のおっしゃていた奇跡ですね。ありがとうございます。

30歳代・女性 人生お預かり

運動神経ゼロ、体を動かすのは嫌い。今や年末には武道、合気道の試合に出場!! 敗戦したが師匠に闘魂、気迫などで褒められたのです!!

30歳代・女性 女性会社での人間関係

悩んでいた社内の人間関係が解決しました。一時は辞職も考えて悩んでいたのが嘘のようです。引きつづきご指導をお願いします。

50歳代・女性 歩行困難

右足付け根激痛で歩行困難が突然、痛みが消え、歩けるようになりました。ありがとうございます。うれしいです。

30歳代後半・男性 腰痛で動けない

腰痛で動けなくなって寝ていたのに2日後に起き上がり、駅の階段をトントンと上がり、さらに翌日にはハイキングに行きました。信じられない。ありがとうございます。感謝です。これからも継続してお願いします。次回は願望実現の方法を教えていただきます。

40歳代・女性 男性との交際

ひろよ先生おつきの神さま、ありがとうございます。男性との交際に良い運がめぐりますように、さらにさらにお願いします。心わくわくしています。

40歳代・女性 頑固な肩こり

頑固な肩こり首こりの痛みで夜もうなされていた主人が今では毎夜毎夜ぐっすり眠ってくれています。ありがとうございます。

30歳代 離婚したくない

離婚したくない。ありがとうございます。

30歳代・男性 離婚成立で嬉しい

きれいに離婚できました。新しい人生を歩んで行きます。

関東Yさん

家の中のラップ音が消え、孫の異常が消えて落ち着いたお正月を過ごすことができました。ありがとうございます。

人生での迷い 東京Kさん

人生、路頭に迷っていましたが、おかげさまで目標が定まり、ゆっくりした正月を迎えられました。感謝です。

不妊症 埼玉Aさん

今年の「壬辰(みずのえたつ)」の壬、辰の字に女偏をつけると、「妊娠」--hiroyo先生、おもしろい話ありがとうございます。不妊症、あきらめずに希望をもってがんばります。

子供の親権を得ました 兵庫Bさん

離婚できました。弁護士さんも無理と言われた「親権」も勝ち取れました。うれしくて、うれしくて、ありがとうございます。近くお礼に伺います。

子供の受験

○○です。長男はは第一志望から第三志望まですべての大学受験に合格できました。今は第一志望校のキャンパスに通学しています。ひろよ先生とご縁のできた子供たちが今年もたくさんの夢を実現できるようにお祈りします。来年は次男が受験ですので、そのときはよろしくお願いします。

お稲荷さん

先生のもとを家族でお伺いいたしました○○でございます。その節はたいへんお世話になり有難うございました。

その後、先生にご相談させていただきアドバイスいただいた ことを日々心がけております。(実践あるのみです。)今は、それ以前、あれこれと思い悩み鬱々といたしておりましたのが、うそのように晴れやかな気持ちで毎日を過ごさ せていただいております。本当に有難うございました。先生のアドバイスのおかげです。

勿論まだまだ仕事は忙しく厳しく、また周囲の状況が一変するというわけではありま せんが、私自身の心の持ち様も明るくなり、疲労困憊していた数ヶ月前の状況と比べますとある意味開き直ってとても前向きに取り組めるようになったと感じています。そし てしばらくは仕事も落ち着いて取り組んで参りたいと考えております。 家族もおかげさまで元気です。直後に控えておりましたイベントも大成功に終わりました。

さて、一点ご報告するべき事項と致しましては、先生から「○○さんがいまひとつ明るくなれない要因かもしれないものとしては、ご実家のご商売の関係で一旦はおまつりし たお稲荷さんを今現在、粗末にしているのではないかという気がどうもします・・・」とご指摘いただいたまさにその件です。

その後、実家に帰省した折にこの点を父に確認 いたしましたところ「実はおばあさんが随分前に近くの稲荷神社から頂いておまつりしていたお稲荷さんが放置されていて、このお正月から毎日散歩の折(健康の為に毎日父 は散歩をしています)、近所の神社でお納め(処分)してもらおうと、毎日散歩に出るたびに考えていたのだけれど、どういうわけかいざ散歩になる段持ち出すのを日々忘れ てしまって、毎日道すがら、思い起こして、ああ処分しようと思っていたのにまた持ってくるのを忘れてしまった・・・」といった日々が続いていた、というのです。

「親父 、それはまずい、知り合いの先生からお稲荷さんをきちんとおまつりするように、大事だから、とアドバイスもらっているのでなんとか・・・」と頼み、今では小さいながら 祠は清められ、毎日、お水とご飯、月に一度はお酒をお供えしてもらうようになりました。「なぜ、捨てなかったのかなあ、○○がそういう話を持ち帰るなんて不思議なこと もあるものだなあ・・」と父も感慨一入のようでした。不思議なことですが、それもあって今は元気を取り戻しているのかもと思えています。ありがとうございました。

お問い合わせ